« 卒論 第5話 | トップページ | チョット、チョットチョット »

卒論 第6話

提出しましたー!卒論。

これが最終話だと思ってたのに、なんか先生が修正のアドバイスをわざわざくれるらしく、そのアドバイスをもとにもう1回練って、製本して、卒論発表会を迎えるらしくて・・・

まあ一段落はしたということで!!

打ち上げしましたー!

卒論を一段落終えて、なんか私は緊張しだしている。

卒業へのカウントダウンを身にしみて感じてしまう。

でもセンチメンタルになるのは卒業してからじゃないともったいないよね?!

とにかく残りの貴重な学生生活をいかに楽しめるかは、私次第!!

この心意気をずっと持っていたいのだ。

「社会人いやだ」というのが口グセになってしまったが、きっと社会人になったら、すんごい世界があるだろうし。それはそれで楽しみにしていないとバチ当たりな気もするし。もちろんたいへんなことのほうが圧倒的に多いと思うけど。

まあまあそんなんで、うん、もうバカになろうと思う。バカみたいに遊ぼうと思う。なんかこう書くと、前回の記事と矛盾するように聞こえちゃうのがいやだけど。バカにもなるし、ちゃんとやることはやるってことで。そういう自分でありたいと思うから、まだなんとなくだけど、そう感じる。

|

« 卒論 第5話 | トップページ | チョット、チョットチョット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31444/4961667

この記事へのトラックバック一覧です: 卒論 第6話:

« 卒論 第5話 | トップページ | チョット、チョットチョット »